NEWS

精神障害者の社会参加や自立の推進に取り組む、個人や団体の活動を支援するため、「愛知県精神保健福祉基金」を活用した「愛知県精神保健福祉協会長奨励賞」をもうけています。

令和3年度選考された2団体に、目録及び賞金が授与されました。

 

<授与式>IMG_2786

○日時

令和4年6月24日(金)

午後1時30分~

(オンラインにて開催)

 受賞者一覧

精神保健福祉の発展に寄与され、その功績が顕著な方々に協会長表彰状及び記念品が授与されました。今年は個人9名が表彰されました。

<表彰式>

○日時

令和3年11月26日(金)

午前10時00分~(オンラインにて開催)

 

被表彰者名簿

令和3年度こころの健康を考える講演会を開催しました。

○ 日 時:令和3年11月11日(木)13時30分~

○ 場 所:愛知県精神保健福祉センター  81会議室(オンライン開催)

○ 講 演:「障害とは、自立とは-当事者研究の視点にコロナ禍状況も踏まえて」

○ 講 師:東京大学先端科学技術研究センター 当事者研究分野 准教授 熊谷晋一郎 氏

P1090527

 

機関紙「こころの健康 第64号」を掲載しました。
ダウンロードしてご覧ください。

こころの健康64号

・巻頭言「大麻合法化と大麻使用罪創設の議論をめぐって」

常務理事 藤城 聡

 

・こころの健康を考える講演会「長期・高齢化するひきこもりについて」

鳥取県立精神保健福祉センター所長 原田 豊 氏

 

・トピックス「名古屋市における『精神障害にも対応した

地域包括ケアシステム』構築に向けた取り組みについて」

名古屋市健康福祉局健康部健康増進課

 

・愛知県精神保健福祉協会長奨励賞 受賞団体紹介

特定非営利活動法人 みち(豊田市)

ピア活あいち運営委員会(名古屋市千種区)

ボランティア団体 夢叶(名古屋市西区)

ボランティアグループ なちゅら~れ(知多郡美浜町)

稲沢地域精神障がい者自助グループ ペコラ(稲沢市)

 

・協会より報告、ご案内

 

 

「オンラインメンタルヘルスケア KOKOROBO(ココロボ)」をご存知ですか?

スマホでこころの状態をチェックすることができる、遠隔のメンタルヘルス支援システムです。

愛知県内では、名古屋市と新城市に在住、在勤、在学の方はオンライン相談もできます。

ご案内を掲載いたしましたのでご覧ください。

オンライン相談のココロボA4版

オンライン相談のココロボA3版

 

精神障害者の社会参加や自立に向けた活動をしている方やグループ等に対して奨励賞を交付します。

(対 象 者) 愛知県内で、精神障害者の自立や社会参加に向けて1年以上10年未満の活動を行っている個人、グループ及び団体
(応募期間) 令和3年9月1日から12月28日まで

(応募方法) 所定の応募申込書に記入の上、郵送で申し込んでください。

R3 応募申込書(Word) R3 応募申込書(PDF) R3 奨励賞チラシ

(応 募 先) 愛知県精神保健福祉協会事務局
〒460-0001 名古屋市中区三の丸三丁目2番1号 愛知県東大手庁舎

(賞 金 額) 10万円

 

令和3年度こころの健康を考える講演会を開催します。

○ 日 時   令和3年11月11日(木) 13:30~15:00

オンライン開催(Cisco  Webex  Meetings)

○ 講 演  「障害とは、自立とは - 当事者研究の視点にコロナ禍状況も踏まえて」

○ 講 師   東京大学先端科学技術研究センター 当事者研究分野 准教授 熊谷晋一郎 先生

○ 参加費   無料(メールでお申込みください。)

*詳細は、講演会チラシをご覧ください。

R3 講演会チラシ 

学術フォーラム 「新型コロナウイルス感染症の臨床的課題、対策と今後の方向性:臨床の現場を知り、何をすべきか一緒に考えましょう。」ポスター(PDF)

 

日本医学会共催、学術会議の新型コロナウイルス関連学術フォーラム第二回

「新型コロナウイルス感染症の最前線 – what is known and unknown#2

-新型コロナウイルス感染症の臨床的課題、対策と今後の方向性」

:臨床の現場を知り、何をすべきか一緒に考えましょう。

 

のご案内が学術会議HPにアップロードされました。

講演抄録4名分も掲載しております。

本HPから事前質問URLと参加申込URLへの登録が可能となっております。

http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/312-s-0918.html

 

ご参加、事前質問をしていただければ幸いです。

 

イベント概要

2021/9/18(土)13:30~16:45 オンライン開催

どなたでも視聴参加いただけます。(参加費:無料)

 

プログラム
司会
名越 澄子・北川 雄光 日本学術会議第二部会員兼日本医学会連合理事
13:30-13:35 挨拶(ビデオ)
梶田 隆章(日本学術会議会長)
13:35-13:40 挨拶(ビデオ)
門田 守人(日本医学会連合会長)
13:40-14:20 「新型コロナウイルスが引き起こす呼吸器感染症」
大曲 貴夫(国立国際医療研究センター国際感染症センター長・感染症内科医長)
抄録(PDF形式:96KB)
14:20-15:00 「新型コロナウィルスと妊娠・出産について」
山田 秀人(日本産婦人科感染症学会理事長、手稲渓仁会病院 不育症センター長 兼オンコロジーセンター ゲノム医療センター長)
抄録(PDF形式:103KB)
15:00-15:15 休憩
15:15-15:45 「新型コロナウイルス感染症が高齢者にもたらしたもの」
岩田 充永(藤田医科大学救急医学・総合内科学)
抄録(PDF形式:81KB)
15:45-16:15 「新型コロナウィルス感染症が引き起こす脳とこころの問題」
尾崎 紀夫(日本学術会議第二部幹事、名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野名古屋大学脳とこころの研究センター長、ゲノム医療センター長)
抄録(PDF形式:106KB)
16:15-16:25 「まとめ」
飯野 正光(医学会連合副会長)
16:25-16:45 閉会の挨拶
武田 洋幸(日本学術会議第二部部長)
コーディネーター
日本医学会連合:名越 澄子(理事兼第二部会員)、北川 雄光(理事兼第二部会員)
日本学術会議:尾崎 紀夫(第二部幹事兼日本医学会「遺伝子・健康・社会」検討委員会委員)

 

令和3年度協会長表彰候補者の推薦をお願いします。

1 表彰対象者
愛知県精神保健福祉協会長表彰規程を参照のこと     表彰規程

2 必要書類
精神保健福祉事業功績調書
(役員用)個人調書
(役員用)団体調書
(会員用)個人調書
(会員用)団体調書    

3 受付期限
令和3年8月20日(金)必着

4 送付先
名古屋市中区三の丸3-2-1(〒460-0001)

P1090259精神障害者の社会参加や自立の推進に取り組む、個人や団体の活動を支援するため、「愛知県精神保健福祉基金」を活用した「愛知県精神保健福祉協会長奨励賞」をもうけています。令和2年度選考された5団体に、目録及び賞金が授与されました。

<授与式>

○日時

令和3年6月4日(金)

午後2時00分~

(オンラインにて開催)

受賞者名簿

愛知県精神保健福祉協会
〒460-0001
愛知県名古屋市中区三の丸3-2-1
愛知県東大手庁舎
愛知県精神保健福祉センター内

電話
(052)962-5377(内線550)